瑛太が本名「永山瑛太」に“改名” ネット「瑛太は瑛太」「次こそ菜々緒?」

 俳優の瑛太(37)が25日、来年1月5日から放送される連続ドラマ「あしたの家族」(TBS系)から、本名の永山瑛太として活動していくことを公式HPで発表した。ネットでもこの“改名”は大きな話題となり、「永山瑛太」がツイッターのトレンドに入ったほか、ヤフーのリアルタイム検索でも上位に食い込むなど、多くのユーザーの関心を引いている。

 SNSでは「本名にするんだ!」と驚きの声が上がったが、「どっちでもいい。瑛太は瑛太」という冷静な意見も多かった。「なんか見慣れないけどそのうち慣れるかなぁ」と戸惑う声が聞こえるなか、「来年から、瑛太でなく、永山瑛太で活躍待ってます」と期待を込めるファンも目立った。

 弟で俳優の永山絢斗(30)が本名で活動していることから、「まぁ弟がね、永山姓を名乗ってるしね」と理解を示すユーザーも少なくなく、「これからは、永山兄弟とか呼ばれるのかな?」「兄弟感を出すのかな??」と推測する書き込みも見られた。一方、先月にツイッターのアカウント名が「永山瑛太」に変わっていたことから、一部のフォロワーからは以前から「永山瑛太になってる、本名でやっていくのかしら?」といった声もあがっていた。

 一昨年ごろから俳優が名字を付けて改名する例は多く、2017年5月には、真剣佑が事務所移籍を機に芸名を新田真剣佑に変えた。伊藤健太郎は18年6月、21歳の誕生日を機に健太郎から本名に改名。太賀も今年6月、芸名を仲野太賀に改めている。古くはARATAからの井浦新という例もあった。

 今回の改名を受け、ネットでは「名前だけでやってた人が苗字つけるブーム到来?」という声も上がっており、ツイッターには「照英、後は頼んだw」「次こそ菜々緒?」「これは夏菜と、夏帆がどうするか気になる」などと、次の改名を予測しながら、ボケるユーザーも続出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ