フジファブリック・志村さん急逝から10年 ファン「何年経っても思い出す」

 2009年12月24日にロックバンド、フジファブリックの志村正彦さんが亡くなって10年。今年の命日も、多くのファンらが志村さんへの思いをネットに投稿している。

 志村さんはフジファブリックでボーカルとギターを担当。代表曲「若者のすべて」(2007年)などで作詞と作曲を手掛けた。若者を中心に支持を集めたが、29歳の若さで急逝。バンドは加藤慎一さん(ベース)、山内総一郎さん(ボーカル、ギター)、金澤ダイスケさん(キーボード)の3人で活動を続けている。

 亡くなって今年で10年ということもあり、8月のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」や、今月20日のNHKラジオ第1「かいラジ」などでも志村さんが取り上げられた。命日あたる24日、ツイッターでは「ずっとあなたの音楽に助けられています。ありがとう」「もう10年なのかまだ10年なのかわからないけど、音楽は色あせないという言葉は本当だと教えてくれたバンド」などと、大勢のファンらが書き込んでいる。ユーチューブの公式チャンネルで公開されている「若者のすべて」のミュージックビデオに、「志村さんのことを『何年経っても思い出してしまうな』」などと、同曲の歌詞を交えてコメントする人もいた。

 また、フジファブリックのインディーズ時代のミニアルバム「アラカルト」と「アラモード」に収録された計12曲が音楽のサブスクリプションサービスで同日から配信されており、ファンらは「最高のクリスマスプレゼントです!」と盛り上がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ