ミルクボーイ、史上最高点で令和初のM-1王者!松本人志「これぞ漫才」

 若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2019」の決勝が22日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、結成12年のミルクボーイが決勝初進出で優勝を飾った。角刈り頭とマッチョのコンビは、大阪でアルバイトをしながら活動する苦労人。今年初めてテレビで漫才を披露し、大会史上最高得点の681点を記録。最終決戦で審査員7人中6人の票を獲得して15代目王者に輝いた。角刈り頭の内海崇(34)は「嘘です。夢、夢、夢!」と歓喜した。

 無名の苦労人コンビ、ミルクボーイが史上最多5040組が出場した令和初のM-1を制した。

 ともに大阪芸大落語研究会出身で角刈り頭の内海、筋肉芸人の駒場孝(33)は大阪で活動し、苦節12年で得た最高の栄冠。優勝の瞬間、内海は「嘘です! 夢、夢、夢!」と驚いた。

 否定と肯定を繰り返す“リターン漫才”が特徴で、「コーンフレーク」を連呼した最初の決勝ラウンドでは、審査員7人のシステムでは大会史上最高得点の681点をたたき出した。

 かまいたち、ぺこぱと激突した最終決戦は、母親が好きな菓子「最中」を繰り返すネタで審査員7人中6人から票を得る圧勝劇。ダウンタウンの松本人志(56)は唯一かまいたちに投票も、「これぞ漫才」と最高の賛辞を贈り、辛口の上沼恵美子(64)も「ネタのセンスが抜群。考えられない顔立ち。新しい!」と実力を認めた。

 結成12年で新人ではないが、テレビで漫才を披露したのは今年初めてで、関西でのテレビ出演も1年で4本だった。

 M-1が一時休止した2010年を最後にモチベーションが低下。それから4年間、内海が競馬に明け暮れるなどネタ作りに集中できない時期を経て、昨年にM-1を制した後輩コンビ、霜降り明星の快進撃に「第7世代に負けたくない」と一気に発奮。今年は全国公演を開催して発奮した。

 7回目のM-1挑戦で決勝に初進出し、15代目王者となった内海は「12年間苦労したというと語弊がある」と過去の自分も反省し、「今年はバイトと仕事以外はネタ合わせをして、ギャンブルもやめた」と胸を張った。

 優勝賞金1000万円の使い道については「髪を角刈りに切ってもらっている散髪屋さんに僕専用の散髪台をセットしたい」とプランを披露。筋肉芸人として「淀川寛平マラソン」でも活躍してきた相方の駒場は「オカンのおかげ。後輩の結婚や出産祝いで(祝儀を渡せず)、でかい声で『おめでとう』としか言えなかった。これからいろいろな形で恩返しができたら。ゼロボケですね」とまじめに感謝していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ