大黒摩季、別れた夫の新たなパートナーの出産「私の待望の子でもある」

 4月に一般男性の夫と離婚していたシンガー・ソングライター、大黒摩季(49)が22日、東京・駒沢オリンピック公園で行われたチャリティーイベント「東京グレートサンタラン2019」に参加。21日の離婚発表後初の公の場で「暮れの忙しいときにお騒がせしました」と謝罪した。

 2003年に結婚した大黒は婦人科系疾患を患い、17年まで不妊治療を行っていた。円満な話し合いの結果、18年初めに離婚に合意したが、多忙で離婚届を出せずにいたところ、夫の新たなパートナーが妊娠。出産後の今年4月に離婚届を提出したといい、この日の会見では「私の待望の子供でもあるので、彼女には大感謝なんです」とスッキリした笑顔で語った。

 イベントの共演者で同席したglobeのマーク・パンサー(49)に「素敵な人を紹介してください。20歳から70歳までいけます」とお茶目にアピールする場面もあり、「大みそかで50歳になるので、50個の挑戦をしてさらに輝きたい」と前向きだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ