沢尻エリカ被告、来年1・31初公判

 麻薬取締法違反罪で今月6日に起訴された女優、沢尻エリカ被告(33)の初公判が来年1月31日に決まったことが21日、分かった。

 起訴状によると、11月16日に東京都目黒区の自宅マンションで、カプセルに入ったMDMAを含む粉末約0・19グラム、LSDを含む紙片約0・08グラムと液体約0・6グラムを所持したとしている。

 これまでの傍聴券の過去最高倍率は、2009年に覚せい剤取締法違反の罪に問われた歌手で女優(48)の初公判で20席に6615人が並び、約330倍。今年6月のテクノユニット、電気グルーヴで俳優、ピエール瀧(52)の麻薬取締法違反事件の初公判は約60倍だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ