悪性リンパ腫を公表 元フジ・笠井信輔アナが生告白「がんは全身にちらばっている。若いので、7割の生存率に入ると言われた」

 血液のがんである悪性リンパ腫のため、近く東京都内の病院に入院することが明らかになった元フジテレビの笠井信輔アナ(56)が19日、20年間にわたり出演していた同局系の情報番組「とくダネ!」に生出演し、「闘っていこうと思う」と病気と向き合う今の心境を激白した。

 「自分でも激烈な展開についていけない感じがある。何でって…」

 笠井アナは冒頭、黒スーツにえんじ色のストライプのネクタイ姿でくちびるをかみしめた。ふくよかだった顔つきは、頬が少しこけているようにもみえる。

鎮痛剤飲み仕事

 今年9月にフジを退社後、頻尿や腰痛などに悩まされ、先月中旬に検査したところ、前立腺肥大症と判明。さらにMRI検査で不審な影が見つかり、精密検査の結果、腰と肩に悪性リンパ腫が見つかった。

 「がんは全身にちらばっている」と医者に告げられ、「聞いたときはめまいがした。『死ぬの』ってそのときは思った」と振り返る。一般的には血液のがんは生存率6割といわれるが、「笠井さんは若いので、7割の生存率に入ると思う」とも告げられたという。

 現在の病状について、「日々いろんなところが痛くなる。今日はお尻の下が痛くて、足をひきずるような状況」とし、「腰が痛かったり、肩が痛かったり、手首が痛かったり、鎮痛剤を飲みながら、本番に痛みがなくなるようにタイミングを考えて飲んでいく」と厳しい闘病生活をのぞかせた。

 「32年間、ワイドショーのアナウンサーとして有名人のプライバシーを放送してきて、いざ自分が病気になったら、そっとしておいてくださいは生き方として許せない」と公表に至った経緯も明かしたが、ぼうこうがんを公表したメインキャスターの小倉智昭(72)の影響もあったという。

 小倉から「復活したときは一段上のランクぐらいにいく」と激励されると「そうですか…」と照れ笑いで応じる一幕も。

 治療について、ブログを開設して発信し続けるなど意欲をみせた笠井アナ。「4カ月、半年間、1年かもしれないが、皆さんの前から消えるわけですよね。それが許せない」とし、「しっかり向き合っていけば大丈夫と(医者が)いってくれたので、闘っていこうと思う」と意気込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ