X’mas前に牧瀬里穂がネットで話題! 伝説のテレビCMに「鮮烈に覚えてる」などの声

 クリスマスイブが来週に迫った18日、1本のブログをキッカケに女優、牧瀬里穂(48)がネットで話題となり、ツイッターでトレンド入りを果たした。

 牧瀬と言えば、彼女が女優としての知名度を一気に広げたのが、1989年に放送されたJR東海のテレビCM「クリスマス・エクスプレス‘89」。今からちょうど30年前に放送されたもので、シンガー・ソングライター、山下達郎の「クリスマス・イブ」が流れる、あのCMのことだ。

 CMでは、クリスマスイブに新幹線で帰ってくる彼を駅で迎えようとする1人の女性(牧瀬)の姿を描いている。新幹線の到着時間に遅れまいと、駅構内を猛ダッシュする女性。そして改札から出てくる彼を見つけると、嬉しそうな表情を浮かべて柱の陰に隠れ、彼を待ち伏せする…というストーリーだ。

 アカウント名「pato」のブログではまず、89年という年が昭和から平成に変わるなど、激動の時代だったと言及。そのうえで、この年に当時の国鉄が分割・民営化され、6つのJRが誕生したことで、「国鉄時代にはそこまで必要なかった広告戦略が民営企業として必要になった」などと指摘し、このCMが作られた経緯やストーリー展開などを独自の目線で細かく分析している。

 ブログの内容がネットで称賛され、SNSを通じて瞬く間に拡散。同時に牧瀬も大きな話題となった。ツイッターには「懐かしい~」「トレンド見ながら、そうだろ!?牧瀬里穂さん凄いかわいいだろ!?って思ってる」「牧瀬里穂の笑顔ってほんとかわいいな…」「このCMの牧瀬里穂、本当に可愛いんだよね。まだ小学生にもなってなかったけど鮮烈に覚えてる」などのコメントが殺到。CM自体のクオリティーを絶賛する「まだこの時って小学生で、でもCMが一つの物語だった。憧れを覚えたよ」というツイートも見られた。

 また、このブログでは、さまざまな角度から映像を分析し、牧瀬が走る駅を「名古屋駅」と断定。このエピソードは地元では有名だったようで、ツイッターには「牧瀬里穂が走っているのは名古屋駅ってのは意外と知られていなかったのか」「牧瀬さんのあの30年前のCMの舞台が名古屋駅だってことは地元民しか知らんと思っていたけど、この人のnoteで全国のみんなに伝わって嬉しいし、懐かしい」という書き込みも見られた。

 このテレビCMには続編もあったが、ネットでは、前年の88年に放送された「ホームタウン・エクスプレス クリスマス編」も話題になった。こちらには、当時15歳の女優、深津絵里(46)が出演しており、ツイッターには「牧瀬里穂がトレンド入りしてるけど、あのCM繋がりで言うならやっぱり深津絵里の方が好き」「JRのCM、牧瀬里穂も可愛いけれど深津絵里のやつがほんまに好き~~~」「牧瀬里穂も素敵なんだけど、(中略)深津絵里のCM、これも泣ける。切なさ大爆発」などの投稿も散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ