レコ大、ネット予想は坂道系対Foorin 「日向坂46で決まり」「パプリカ一択」

 30日に大賞が発表される「第61回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)の会見が16日、東京・赤坂の同局で行われた。過去2年は“坂道グループ”の乃木坂46が2連覇している同賞だが、今年は誰が栄冠を手にするのかまったく予想がつかない。ネットでも大賞予想合戦が白熱している。

 大賞が選ばれる優秀作品賞には10組がノミネート。その顔ぶれと楽曲は、Little Glee Monster「ECHO」、三浦大知「片隅」、欅坂46「黒い羊」、AKB48「サステナブル」、純烈「純烈のハッピーバースデー」、乃木坂46「Sing Out!」、氷川きよし「大丈夫」、日向坂46「ドレミソラシド」、DA PUMP「P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~」、Foorin「パプリカ」となっている。

 ネットでは大きく意見が2つに割れている。そのなかでも、やはり2連覇中の乃木坂46を含む坂道グループの大賞受賞を予想する声が多い。SNSには「今年のレコ大の注目はチーム坂道だねぇ」「頼むぞ!!乃木坂、日向坂、欅坂、レコ大取ってくれ!!マジたのんます!!」などの声を皮切りに、「レコ大は乃木坂の3連覇です」「順番から行って、もとい話題性も入れて欅坂なんじゃないか」「日向説あるなレコード大賞」「レコ大は日向坂46で決まりでしょ」など、各グループを推す声があふれている。

 一方、坂道グループの対抗としてネットで盛り上がっているのが、小中学生5人のユニット、Foorinだ。対象楽曲の「パプリカ」を提供したのが、人気のシンガーソングライター、米津玄師(28)ということもあり、その話題性などから彼らを本命と考える声も多い。ツイッターには「レコ大の優秀作品賞、パプリカ以外パッとメロが出てこない」「どう考えてもパプリカ一択になると思うんだけど」「レコ大はパプリカでしょ」「今年のレコ大、やっぱパプリカよなぁ…」といったつぶやきが並ぶ。

 またネットでは依然、「選考方法が分かりにくい」という声も目立っており、「レコ大も一般投票システムを入れるべき」「レコード大賞も皆投票にすればスッキリする」といった要望も散見されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ