松島トモ子、ラジオで母親の介護語る「一卵性親子と言われ人生をともに歩んできた母が…」

 来年、芸能生活70周年を迎える歌手で女優、松島トモ子(74)が、16日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・0~6・30)にゲスト出演する。

 4歳で子役デビューし、41歳の時にテレビの仕事で訪れたケニアでライオンとヒョウに襲われた松島。第4頸椎(けいつい)粉砕骨折という重傷を負いながらも奇跡的に一命を取り留め、撮影をすべて終えてから帰国した逸話の持ち主でもある。

 2016年に「レビー小体型認知症」と診断された母、志奈枝さん(98)の自宅介護を明かしており、その壮絶な実態を18日発売の著書「老老介護の幸せ~母と娘の最後の旅路~」(飛鳥新社刊)で赤裸々に描いている。

 このほどラジオ収録が行われ、松島は「母の95歳の誕生会で突然、異変がきました。一卵性親子と言われ人生をともに歩んできた母が…」と涙ぐんだ。生島も義母の認知症介護の経験をエッセ-「おばあちゃま、壊れちゃったの?」でつづった経験から「認知症の方の介護の大変さはよく分かります。頑張ってますね」とねぎらいの言葉をかけた。

 松島は先月、サンケイスポーツの取材にも「レディーで美しい言葉を話していた母が、罵詈(ばり)雑言を吐いて怒鳴る、暴れる。違う人になってしまった」と告白。母の変貌と過度の介護ストレスでパニック症候群と過呼吸を発症したといい、体重が40キロから33キロ(身長155センチ)になったと話し、「親子心中しなかったのはケアマネジャーが『仕事は続けなさい』と言ってくれたおかげ」と感謝していた。

 20日には2011年から続ける東京・成城ホールでのコンサートが控えており、「できることをするだけ」と笑顔で前向きに話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ