ヒゲダン紅白出場祝い 松江市役所にメッセージボード

 「ヒゲダン」の愛称で知られ、松江市とゆかりの深い人気バンド「Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)」がおおみそかの紅白歌合戦に出場するのを祝い、同市は9日、市役所玄関に「おめでとう!メッセージボード」を設置した。集まったメッセージはヒゲダンに届けられる。

 ヒゲダンは男性4人のピアノPOPバンド。ボーカル・ピアノ担当の藤原聡さん、ベース・サックス担当の楢崎誠さん、ドラムス担当の松浦匡希さんの3人は島根大学軽音楽部出身で、ギター担当の小笹大輔さんも松江高専の出身。7年前に結成され、4年前にミニアルバムデビュー。最近は、ドラマや映画の主題歌にも抜(ばっ)擢(てき)され、全国的な人気を集めている。

 同市は松江出身のテニスプレーヤー、錦織圭選手を応援する垂れ幕を市役所に掲げており、松江とゆかりの深いヒゲダンも同様に応援できないかと職員から声が上がり、メッセージボードを企画した。

 ボードは市役所玄関など3カ所に設置され、最初に松浦正敬市長が「夢の実現おめでとう。松江の地で4人が出会えた縁に感謝します」などと書き込んだ。

 同市は「ボードには松江の出雲民芸紙を使っており、市民やファンの思いがより伝わると思う」と話している。市役所では15日午前10時まで設置され、メッセージは、紅白歌合戦までにヒゲダンに渡す予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ