沢尻エリカ被告事務所、大河ドラマ「麒麟がくる」を放送するNHKに謝罪

 麻薬取締法違反の罪で女優、沢尻エリカ被告(33)が6日に起訴されたことを受け、所属事務所のエイベックスが9日、サンケイスポーツ既報通り、同被告が降板した大河ドラマ「麒麟がくる」(来年1月19日スタート、日曜後8・0)を放送するNHKなどに改めて謝罪したことが分かった。

 同局では女優、川口春奈(24)を代役に起用して再撮影中。急ピッチの作業で現場が混乱する中、放送開始が2週先送りとなった。同事務所は引き続き関係各所に謝罪行脚を行うという。

 沢尻被告は東京都内の大学病院に入院中。メディカルチェックなどの診断結果を待って、薬物治療に入るとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ