沢尻エリカ、保釈後も公の場に登場せず 「心の底から後悔」コメント発表も“魔の手”断ち切れるか?

 MDMAやLSDを所持したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された女優、沢尻エリカ被告(33)。保釈後、公の場に登場しないまま車で姿を消し、「心の底から後悔している」とコメントしたが、本当に反省しているのか、うかがい知れないままだ。10年以上前から薬物を常用していたというだけに、再犯の恐れはないのか、疑念も残る。

 6日夜、警視庁東京湾岸署の裏口から黒い車で脱出した沢尻被告。車内にはカーテンが引かれ様子をうかがうことはできなかった。

 沢尻被告は所属事務所を通じ「多くの方々を裏切ってしまったことを心の底から後悔しております」と謝罪するコメントを発表した。人間関係を含め違法薬物とのつながりについて「一切断つことを固く決意し、専門家の指導も受けて、立ち直ることをお約束します」と表明。医療機関に向かったと明らかにした。

 ただ、沢尻被告は「10年以上前から、大麻やコカイン、MDMA、LSDを使っていた」と供述している。6日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで再逮捕された元タレント、田代まさし(本名・政)容疑者(63)のように再犯を繰り返す例もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ