降谷建志とMEGUMIの長男俳優デビュー 「ママ似の美少年」「ガチの『リアルじっちゃんの名にかけて』を!」

 来年1月17日公開の映画「ラストレター」(岩井俊二監督)で、ロックバンドDragon Ashのボーカル・降谷建志(40)と女優のMEGUMI(38)の長男、降谷凪(10)が俳優デビューする。ツイッターでは早くも「ママ似の美少年ですね 今後が楽しみです」「10歳にしてもうクール系イケメン感が出てる」と注目されている。

 凪の役は、松たか子が演じる主人公・岸辺野裕里と、その夫で、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の監督で知られる庵野秀明が演じる宗二郎の息子。

 祖父にあたる俳優の古谷一行と同じ道を歩みだしたのは感慨深い、などとツイッターに思いをつづるネットユーザーもいた。また、古谷の当たり役、テレビドラマ「金田一耕助シリーズ」(TBS系)の金田一と、主人公の金田一一(はじめ)が同キャラクターの孫という設定の漫画「金田一少年の事件簿」(講談社)を関連付けて「降谷凪くんはリアル金田一少年…!!!」と驚く投稿もあった。

 「金田一少年~」は漫画を原作とした映画やドラマがKinKi Kids・堂本剛や嵐・松本潤らの主演で制作されている。凪が主人公を演じれば、決めぜりふの「じっちゃんの名にかけて」が二重の意味を持つことになると期待し、「(凪が)金田一少年の事件簿の主役やれば『リアルじっちゃんの名にかけて』になるな」「ガチの『じっちゃんの名にかけて!』をいつか見たい」という意見が多かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ