AKB峯岸卒業で“最古参”は3期生・柏木に SNS「顔と名前が一致する人が…」

 AKB48の峯岸みなみ(27)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた結成14周年公演で卒業を発表した。グループ最後の1期生として14年間活動を続けてきた峯岸。突然の発表にファンからもさまざまな声が上がっている。

 SNSには「ぎゃーーーーーーついに…残念」「小学校のときAKBハマってたなぁ、普通に悲しい」「寂しいなぁ、初期の頃から知ってるだけに続けてほしかったです」など、峯岸の卒業を悲しむ声がズラリ。唯一の1期生だっただけに「これで一期生全員卒業かぁ‥」など、感慨にふけるファンも多かった。

 AKB48には、すでに2期生はおらず、峯岸の卒業で“最古参”メンバーは3期生の柏木由紀(28)となった。ツイッターには「これからのAKB48はゆきりん姉さんが最古参メンバーか…」といった書き込みや、「あと柏木由紀が卒業したら顔と名前が一致する人が居なくなる」など、グループの変化に戸惑うユーザーのつぶやきも見られた。

 峯岸はOGの前田敦子(28)、高橋みなみ(28)、小嶋陽菜(31)らと同期で、そのトークスキルを武器に主にバラエティー番組で活躍している。2013年1月には週刊誌で恋愛スキャンダルを報じられ、頭を丸刈りにしてYou Tubeでファンに謝罪し、衝撃を与えた。来年4月2日、横浜アリーナでAKB48としてラストライブを行う。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ