東大法学部卒なのにおネェキャラのタロット占い師、ムンロ王子が語る「タロット占い」の奥深い世界

 タロット占い師、ムンロ王子が熱い注目を集めています。東大法学部を卒業後、会社勤めを経て、タロット占い師に転身しました。美しく化粧をほどこし独特のファッションを着こなす、謎に包まれた素顔にますます興味がそそられます。そんなムンロ王子が心血を注ぐ「タロット占い」とは?

 ―オンラインのタロット占いを11月11日にスタートしてから1カ月。反響がありますね

 「ワタシも大変よ~。いろいろなところから『どうしてそんなに当たるんだ?』 とうれしい反応をいただいて」

 ―自慢話はそれくらいで。今回はそもそもタロットって何? インチキじゃないの?とか、その辺を聞こうかと思っています

 「ズバッと来るわねえ。結論から先に言うとたかが占いではありません! す

ごく奥が深いんだから」

 ―タロット占いがどういうものか知らない方も多いので、やさしく、できれば

簡潔にお願いします

 「タロット占いとはタロットカードを使って占うもの。カードは78枚、22枚の大アルカナと呼ばれるカードのほかに56枚の小アルカナと呼ばれるカードもあって、その組み合わせでできています。大アルカナをもっと細分化して別のアプローチをしていくのが小アルカナと思っていただければ」

 ―歴史は

 「タロットの起源はピタゴラスの数秘術とアリストテレスの4大元素。実は2500年の西洋哲学の歴史があるのね。今の原型のような形になったのは18世紀から19世紀のイギリスと言われているわ。アーサー・エドワード・ウェイトさんが体系化したと…。現存で最も古いタロットカードは15世紀の後半にイタリアで制作された。最初はゲームのためのツールだったんだけど、そこからフランス、ドイツといったヨーロッパ各地に広まっていったの」

 ―今のようにポピュラーになったのは

 「1960年~70年代に007の映画で爆発的に世界に広まった。そこまでにタロットの歴史は、4つの時代区分の変遷といわれているけど、ウェイトさんの影響が最も大きいんじゃないかな」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ