ネット業務縮小し「同時配信」申請へ NHK、総務省に回答

 テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す「常時同時配信」を巡り、NHKの肥大化を懸念する総務省から実施計画などの見直しを要請されたNHKは8日、ネット活用業務費の上限を大幅に削減すると総務省に回答した。近く業務の実施基準案を修正し、改めて認可申請する見通し。同日が総務省が示した回答期限だった。

 総務省は、修正案が出されれば、同省によるパブリックコメント(意見公募)の結果を踏まえ、同時配信の認可の適否を検討する。

 また関係者によると、4波ある衛星放送を3波に整理する方向で調整していることも分かった。

 同時配信を巡っては、従来の案ではネット業務費の上限は受信料収入の実質3・8%だったが、NHKは今回、現行基準の2・5%程度(受信料収入を7千億円とした場合、約175億円)に収める方針を示した。東京五輪・パラリンピック関連の経費(上限20億円)のみ別枠とする方向。また同時配信する時間は当面、1日24時間の「常時」とせず短縮して経費圧縮につなげる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ