川崎麻世、カイヤとの離婚裁判に「ウソを言っていないので負けるとおかしい」

 俳優、川崎麻世(56)が6日、東京・新宿角座で朗読ミュージカル「ある家族-そこにあるもの-」(来年1月10~13日)の製作発表に出席。来年2月3日に判決公判を控える妻でタレント、カイヤ(57)との離婚裁判について言及した。

 自身が主演・演出・音楽・プロデュースの4役を務める公演タイトルの意味を問われると、「狙っているわけじゃない。こっちの“ある家族”の話を脚本にしたらバトって(戦って)しまう」と苦笑。作詞作曲した劇中歌については「妻を思う優しさを歌っている。理想というか、なかなかできなかったというか…」と自虐的に語った。

 10月に行われた口頭弁論でDVの有無など主張が対立していることには「ウソの証言には法的手段を考えています」と憤りをあらわにする場面も。今年を振り返り、「裁判疲れですね。こんなに書類とにらめっこしたのは初めて。背負っている荷物を下ろして、『はぁ~』ってしたい」と本音を吐露。判決公判への意気込みを問われると「絶対いい方に行くと思う。僕はウソを言っていないので負けるとおかしい。絶対に勝ちます」と力強く宣言した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ