Wヤング佐藤武志が吉本新喜劇に復帰

 11月11日に急死した漫才コンビ、Wヤングの平川幸男さん(享年78)の相方、佐藤武志(65)が3日、35年ぶりに吉本新喜劇へ復帰し、大阪・なんばグランド花月の公演に出演した。

 1973年に新喜劇に入団した佐藤は、84年に平川さんに誘われて退団すると2代目Wヤングとして活躍してきた。

 Wヤングはもともと平川さんが64年から中田治雄さんと組んでいたコンビで、抜群の人気を誇っていた矢先の79年に中田さんが急死。活動の場を新喜劇に移していた平川さんと佐藤が出会ったことで“2代目”を結成。激しい動きを取り入れた漫才で人気を博していた。平川さんは昨年末に体調を崩すと、今年4月に復帰したものの、再び休養に入っていた。

 「4、5月と相方にいろいろあって(病状も)だいたい分かってて、最終的に古巣に戻るのが一番ええかなと思った。決めたのは8月。相方もそうなるやろと思ってたようで『テレビで見せてくれよ』と言ってました」

 川畑泰史(52)が座長を務める復帰の舞台では末成由美(72)や妻の浅香あき恵(63)と共演。突然怒って浅香を壁にぶつけ引きずり回す、若き日の十八番だったキレ芸も披露した。

 「20年ぶりで息が上がりました。(妻を)投げたん久々なんでねぇ。重たなってました」

 夫のボヤきに「昔は細かったから」と苦笑いの浅香は「自分の舞台より緊張した。娘の発表会を見てる気分。『ちゃんとしゃべりや!』って感じで」と安堵の表情。

 「今(の新喜劇)はスピードが速い。昔は花紀(京)、岡八(郎)で、芝居をがっつり、『ゆっくりしゃべれ』と怒られた」と戸惑いつつ、佐藤は「僕の目標は桑原和男さんの83歳。83歳まで暴れたい」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ