弘中綾香アナ かつての彼に送った「あざとくない」応援動画

学生時代の弘中アナ(動画より)

学生時代の弘中アナ(動画より)

 テレビ朝日のエースとして活躍中の弘中綾香アナ(28)。9月に放送された『あざとくて何が悪いの?』にフリーの田中みな実アナ(33)と出演後、田中アナとの2ショットをInstagramにアップし、「可愛くてあざとすぎる!」と話題となった。彼女は「あざとい」「毒舌」といったキャラクターが人気を集め、インスタのフォロワー数は女子アナ界では異例の50万人を突破している。

 そんな彼女は最近のインタビューで、「“毒舌”と評される発言を抑えようと考えたことはなかったのか」と問われ、「性根は変えられないですからね。学生時代、毒舌なんて言われなかったですからね。私はずっと同じ性格で生きてきましたし、もう今さら変えられない」(Yahoo!ニュース特集7月11日付)とコメントし、批判的な“雑音”については気にしないようにしていると語っていた。

 そんな彼女の“素顔”が見えてくる動画があった。動画は、彼女が慶應大学の4年生だった2012年に撮影されたもの。同大ラクロス部がこの年の関東大会に優勝した後、11月25日に控える全日本大学選手権に向けて応援メッセージ動画を作成。部内で共有した。その動画に、すでにテレビ朝日のアナウンサー職に内定していた彼女が登場していた。こう語っている。

 「こんにちは。弘中綾香です。関東優勝おめでとうございます。25日勝って、全日本優勝目指して頑張ってください。特にA君(動画内は実名)、頑張ってください」

 初々しい表情で語る様子が新鮮だ。毒舌はなく、学生らしいごく普通の応援コメントが微笑ましい。学生時代の弘中アナはフィールドホッケー部のマネージャーだった。なぜ別の部活の、しかもA君という特定の選手を応援するのか。当時を知るラクロス部関係者が語る。

 「慶應ラクロス部には、出場選手の彼女や親しい友人が応援メッセージを送る動画を作る伝統があるんです。A君は当時の中心選手で、かつて弘中さんと交際していたことがあったのは有名でした。だから彼女が、応援メッセージに登場したのです」

 その全日本選手権で、慶應ラクロス部はみごと優勝。A君も大活躍したという。この動画を見ても「表情があざとい」などという人もいるかもしれないが、少なくとも弘中アナは勝利の女神だったということだろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ