沢尻エリカ、残された道は海外脱出!? “薬物女優”レッテルはがすのは困難 芸能関係者「酒井法子と同じように…」

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)。尿鑑定の結果、陰性となったことでにわかに不起訴処分の可能性さえ指摘される。とはいえ、一度ついた“薬物女優”のレッテルをはがすのは難しい。NHKをはじめ多くの関係者に迷惑をかけたことも暗い影を落とす。そんな彼女にささやかれるのが海外脱出の道だ。

 衝撃の逮捕は意外な展開を見せている。捜査当局にとって、頼みの綱は尿鑑定だったが、これがシロ。今は沢尻が所持を認めているが、否認に転じたとき、どこまで立証できるのか予断を許さないのが実状だ。

 「たとえ起訴できてもMDMAの所持のみ。現時点はMDMA以外のドラッグも10年以上使ってきたと供述しているが、何の物証もなければ、初犯なので刑は軽くなるでしょう」と捜査関係者。

 それでも10年以上もドラッグを使用していたという供述のインパクトは大きすぎた。女優生命は絶たれたかにみえる。

 「NHK大河ドラマ『麒麟がくる』を放送直前に降板することになったことは、女優として致命的。撮り直しを余儀なくされ、スタッフばかりか主演の長谷川博己をはじめ、多くの俳優にも迷惑をかけた。CMクライアントにも大きな損害を与えている。たとえ復帰しても、ドラマや映画の世界に居場所はないでしょう」とある芸能事務所幹部は指摘する。

 しかし“捨てる神あれば拾う神あり”というのが芸能界。まだ彼女にとって女優として生きる道があると指摘するのは芸能文化評論家の肥留間正明氏だ。

 「ある意味、今回の逮捕もインパクトという面で、お金になるものは何でも利用するのが芸能界という世界。現在の所属事務所との関係がどうなるかは現時点では不明だが、沢尻がフリーになった場合、舞台やイベントなどで引っ張り出して、ひと儲けしようとたくらむ人は必ず出てくる」

 さらにこう続ける。

 「沢尻は、酒井法子と同じように、アジア諸国で人気が高いのです。日本での需要がなくても、アジア諸国を回れば、まだまだ引く手あまたになることは間違いない。使い道はまだまだあるということです」

 “薬物”がついてしまった沢尻がたどり着くのはいったいどこだろう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ