沢尻エリカ、女優としての復帰は難しいか 自己破産の選択も

 沢尻も以前から薬物疑惑が囁かれていた。

 「2009年、沢尻さんは所属事務所を契約解除になりました。この時、事務所が行った尿検査で大麻の陽性反応が出て、本人も大麻使用の事実を認めたと一部で報じられました。その後の彼女は2012年に映画『へルタースケルター』で女優復帰してから“改心”してCMや映画などで活躍していただけに、今回の逮捕に関係者は大きなショックを受けています」(前出・沢尻の知人)

 逮捕による負の影響は甚大だ。沢尻が出演するCMは軒並み差し替えとなって各社のウエブサイトから削除され、主要キャストを務めたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は代役で撮り直しを検討中。違約金の総額は5億円以上ともいわれ、いくら売れっ子女優だった沢尻でも返済は困難を極める。

 なぜなら芸能界復帰のハードルは非常に高いからだ。

 これまで違法薬物で逮捕された後に復活を遂げた例はあるが、多くはミュージシャンだ。

 「ミュージシャンはライブなどで活動できますが、俳優は活躍の場が主にテレビで、一般視聴者が抱く負のイメージが払拭できないとなかなか復帰できません。今年3月にコカイン使用で逮捕されたピエール瀧(52才)は、ミュージシャンとしては今後も活動できるでしょうが、俳優業は難しいでしょう」(芸能関係者)

 高額収入は有名女優だから実現できるものだが、その立場に返り咲けないとしたら、沢尻は5億円もの負債をどう返済するのだろうか。

 「過去の例を見ると、所属事務所が立て替えるケースがほとんどだと聞きます。一方で、芸能人本人が自己破産して返済不能になることもあるとか。沢尻さんの場合、どんな選択をされるのかわかりませんが、いずれにせよ、多くの関係者を苦しめることになる」(前出・芸能関係者)

 犯した過ちの大きさを、沢尻はこれから知ることになる。

 ※女性セブン2019年12月5・12日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ