沢尻エリカと大麻インストラクターの「吸引現場写真」

親しげな様子のセルヒオ氏と沢尻エリカ(フェイスブックより。削除済み)

親しげな様子のセルヒオ氏と沢尻エリカ(フェイスブックより。削除済み)

 雲一つない青空の下、黒いタイル貼りの屋根の上で、日本人女性と外国人男性がリラックスして座っている。女性はトロンとした眼で愛おしそうに男性を見つめており、一見して他愛ないカップルの日常風景にしか見えない。

 しかし、この女性が沢尻エリカで、男性の職業が“大麻インストラクター”となれば、話は変わる。しかも、2人の足下に写っているのは、「大麻吸引器」なのだ。

 遡ること8年前、本誌・週刊ポスト2011年2月25日号は男性のフェイスブックに掲載されたこの写真をもとに、「沢尻エリカ スペイン人“新恋人”は大麻インストラクター」という記事を掲載した。

 沢尻エリカと薬物を結びつけた初めての報道で、その1年後、『週刊文春』(2012年5月31日号)が「沢尻エリカは大麻中毒」と報じることになる。

 当時24歳の沢尻は、人気絶頂のなか前夫・高城剛氏(ハイパーメディアクリエイター)とともにスペインへ活動拠点を移したものの、その高城氏とも離婚騒動の渦中にあった。その頃、沢尻が親密な関係になったのが、バルセロナ出身のスペイン人男性、セルヒオ氏(当時29歳)だった。

 セルヒオ氏は、大麻(マリファナ)栽培のインストラクターとして、栽培法や使用法を教えていた。スペインでは大麻の売買は禁じられているが、個人による少量の保持や使用、栽培は処罰されることがないため、このような仕事が成り立つのだという。セルヒオ氏が自宅で大麻を栽培する様子もフェイスブックには掲載されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ