ミス・インターナショナル日本代表に26歳会社員、寺内千穂さん

 第60回の節目を迎える2020ミス・インターナショナルの日本代表を決める最終選考大会が26日、東京・江東区のティアラこうとうで行われ、広告代理店の社員、寺内千穂さん(26)が代表に選ばれた。

 栃木県宇都宮市出身で客室乗務員を経て現在の仕事に。世界大会に向け、「栃木県は知名度が低いので、県のPRを積極的にできたらいいなと思っています」と喜びを語った。将来の芸能界入りは現時点では考えていないという。選考会には46人が参加、水着審査やスピーチ審査に臨んだ。

 2019ミス・インターナショナル世界大会は今月12日、タイ代表の優勝で幕を閉じたばかり。その大会に出場した日本代表で青学大国際政治経済学部3年、岡田朋峰(ともみ)さん(21)がプレゼンターを務めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ