美川憲一、沢尻容疑者に「クラブ通いで気が大きくなっていたのかも」

 デビュー55周年を迎えた歌手、美川憲一(73)が26日、東京・東池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われた4人組男装ユニット、ザ・ヴァイパーとコラボした新曲「いいじゃない~自由通り」(27日発売)の記念イベントを行った。

 美川が作詞に初挑戦した意欲作で、愛を信じて自由に生きる勇気を与えてくれるアップテンポなナンバー。ザ・ヴァイパーと軽快なダンスも披露し、「結構歌うの大変だけど、できたわよ~」と胸を張り、約1500人のファンを喜ばせた。

 この日は報道陣の取材にも応じ、合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)にも言及。

 「残念としか言いようがない。大河ドラマ(麒麟がくる)とか、やっと良い仕事をつかんだのに」とひと言。若くして注目を集めた人気女優ゆえの寂しさや孤独、プレッシャーから「裏でクラブ通いをして、誘惑が多いところなのに気が大きくなって、開き直っていたのかも」と薬物に手を染めた経緯を推測。一方で「ずっともやもやした気持ちを抱えていたと思うから、今は捕まってほっとしてるんじゃない?」と付け加えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ