沢尻エリカ容疑者、押収カプセル残る1錠もMDMAだった

 警視庁組織犯罪対策5課は22日、合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)の自宅から押収したカプセル2錠のうち残る1錠にもMDMAを含む粉末0.108グラムが入っていたと明かした。1回の使用分とみられる。

 同課は16日朝、沢尻容疑者が東京・渋谷のクラブから帰宅すると同時に家宅捜索し、アクセサリーケースの中敷きの下にあったカプセル2錠を押収。1錠は同日鑑定しMDMAを含む粉末0.09グラムと判明、残る1錠の鑑定を進めていた。

 沢尻容疑者はMDMAについて「数週間前にイベント会場で知人からもらった」と説明。使用も認めていたが、尿検査では違法薬物の成分は検出されておらず同課が経緯を詳しく調べている。

【関連記事】

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ