「ディーンタピオカ」発売でネット大盛り上がり! 「ほんとに出たんかい」「次はタピオカ弘、だな」

 生タピオカ専門の台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」が22日、俳優のディーン・フジオカ(39)とコラボしたドリンク「ディーンタピオカ」を25日から12月25日までの期間限定で販売すると公式HPで発表した。バラエティー番組「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)でディーンがポロっと「ディーンタピオカ」と口にしたことがネットで話題となり、今回の商品化に至った。ツイッターでも同日「ディーンタピオカ」がトレンドに入るなど、ファンやタピオカ愛好家たちがネットで盛り上がっている。

 キッカケは自身の発言だった。番組で、かつてタピオカを好んで飲んでいたことを明かしたディーン。専門家たちから現在のタピオカブームについての説明を受けると、「自分で(タピオカの)店を出した方がいいんじゃないか…」と述べた。

この発言に共演者のブラックマヨネーズ・小杉竜一(46)が「ディーンさんが出したタピオカめちゃくちゃ流行りそうですよ」とコメント。司会の明石家さんま(64)も「出したらどうですか?大儲けできるそうですよ」と後押しすると、「(商品名は)ディーン・タピオカ、みたいな」とディーン。この一言でスタジオは大爆笑に包まれた。

 商品の監修もディーンが務める。種類は2つ。「鴛鴦●(女へんに乃)茶」(オシドリミルクティー)はミルクティーとコーヒーをブレンドした新感覚の飲み物。ナッツクランチを乗せ、ホイップとチョコソースで仕上げた一杯だ。

 「蝶豆花茶」(バタフライピー)は、いちごゼリーを入れた蜂蜜レモンソーダにバタフライピー(青いお茶)を加えた幻想的な見た目が特徴で、色の移り変わりを楽しめるミステリアスなドリンク。どちらの商品も、環境に配慮し紙ストローで提供されるなど、ディーンのこだわりが随所に散りばめられている。

 ネットでもこのコラボは話題になり、ツイッターには「ほんとに出たんかい。ディーンタピオカ」「ディーンタピオカ実現したのwwwww」「ディーンタピオカは飲みたいw」「大阪には、難波と梅田にあるから行くたんびディーンタピオカ飲も~っと。ほんまに実現してうれしい!楽しみ楽しみ」「今調べたら、地元でディーンタピオカ飲めるよ。めちゃくちゃうれしい」など、驚きと喜びの声が殺到。「まさか本当にディーンタピオカ実現してしまうとはね。有言実行の人やな」とディーンをたたえる声も見られた。

 一方、「ディーンタピオカ」という言葉の語呂に反応したユーザーも多かった。ツイッターには「ディーンタピオカってなにwwwパワーワード感がすごい」「ディーンタピオカすごいジワジワくる」「ダメだ、頭から離れない…」「ディーンタピオカで爆笑したwwwww」といった書き込みがズラリ。さらに、「次は『タピオカ弘、』だな」「ディーンタピオカよりもタピオカ弘、を飲みたい」とボケるユーザーも続出するなど、SNSは大盛り上がりとなった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ