堂本光一、“因縁”KAT-TUN上田と対決「ジャニーさんの名を汚さないように」

 KinKi Kidsの堂本光一(40)が20日、東京・丸の内の帝国劇場で主演ミュージカル「Endless SHOCK」の製作発表を行った。

 来年2月4日から3月31日まで同所で上演される20周年記念公演で、千秋楽前日に単独主演回数が1800回に到達予定。故ジャニー喜多川さんは今作からエターナル・プロデューサーとクレジットされ、自身も演出の肩書きが加わり、「ジャニーさんの名を汚さないように。やることは変わらない」と宣言した。

 KAT-TUNの上田竜也(36)が17年ぶりの出演で、光一のライバル役に決定。光一はKAT-TUN全員が出演した当時を振り返り、「振りを合わせるより個性を出すから『俺の後ろに立つな』『あいつらを出さないでくれ』と言っていた」と苦笑いした。

 上田は自宅にある木刀で殺陣を練習しており、「早く稽古がしたい」と武者震い。今年の東京公演を右足小指骨折のため降板したふぉ~ゆ~の越岡裕貴(33)は「悔しい思いをぶつけます」とリベンジを誓った。

 この日、同作の公式インスタグラムを開設。光一は「劇場の関係で東京、大阪、福岡でしか上演できないので全国の人に空気を感じてほしい」と早速、会見でキャストと“自撮り”していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ