岡村&堤、人力車でW主演映画「決算!忠臣蔵」をアピール

 俳優の堤真一(55)、お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史(49)が19日、京都市内でW主演映画「決算!忠臣蔵」(中村義洋監督、22日公開)の公開記念イベントを行った。

 阪急・京都河原町駅そばの繁華街にある新京極商店街を人力車でお練りし、観光客に「ムービースター、岡村隆史です」とアピールの岡村。堤が「恥ずかしいだけ。さらされてる感じがスゴかった。なんで乗るんやろ」とボヤくと、岡村は「(堤は)『なんで男同士が密着して。(共演の)竹内結子とか石原さとみとやったらいいのに』とブツブツ言うてはりました」と暴露して笑わせた。

 映画は大石内蔵助が実際に残していた討ち入りまでの決算書をもとに、内蔵助(堤)と勘定方のそろばん侍(岡村)が奮闘するコメディー。

 イベント後の舞台あいさつでは、中村監督が「明細書がいまだに残ってた。現代でも明細書を廃棄しちゃう人がいるのに」と、政界を揺るがしている「桜を見る会」問題での安倍首相の対応をチクリ。

 すると、岡村が税務申告漏れ問題で活動自粛中のチュートリアル、徳井義実(44)のことと勘違いしてか、監督のコメント中、深々と頭を下げ続け、「すいません。いま、ちゃんと反省してますんで」と、同じ事務所の後輩に代わって謝罪し、観客からクスクス笑いが起きる一幕もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ