沢尻エリカ容疑者を送検 車にカーテン、姿確認できず

 麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策部5課に逮捕された女優、沢尻エリカ容疑者(33)が17日、警視庁東京湾岸署から送検された。

 報道陣約50人が集まる中、沢尻容疑者を乗せたとみられるシルバーのワンボックス車は午前8時8分、同署を出発。後部座席にはカーテンが引かれ、その姿を確認することはできなかった。

 同課は16日、午前8時過ぎから東京都目黒区の沢尻容疑者の自宅を捜索。自室入り口付近の棚上部に置いてあったアクセサリーケースの中から、ポリ袋に入ったカプセル2個を発見し、このうちカプセル1個(0・09グラム)の中身を鑑定したところ合成麻薬MDMAと確認され、午後1時31分、緊急逮捕した。

 調べに対し、沢尻容疑者は「私のものに間違いありません」と供述したが、使用は認めず。尿鑑定の簡易検査の結果は陰性だった。同日午後7時15分頃、江東区の東京湾岸署に身柄を移送。同署前には約100人の報道陣が集まったが、ワゴン車内の沢尻容疑者の姿を見ることはできなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ