松下奈緒、セリフなし映画で“恋人”ディーンをののしった!

 女優、松下奈緒(34)と俳優、ディーン・フジオカ(39)が16日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われた映画「エンジェルサイン」の舞台あいさつに登壇した。

 同作は、セリフが一切なく映像と音楽で物語が展開。恋人役の2人が劇中でぶつかり合う場面を振り返ったディーンは「ののしられて、もしかして松下さんの僕に対する本心なのかな、とへこみました」と苦笑。松下も「ののしりました。どんなセリフだったのかはご想像にお任せします」と肩をすくめ、観客を笑わせた。総監督は「シティーハンター」などで知られる漫画家、北条司氏が務めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ