武蔵からの絶叫告白を受け物語は急展開! 「おっさんずラブ-in the sky-」第3話 ネット「神回の予感…」

 舞台を航空業界を移し、モテないポンコツサラリーマン、“はるたん”こと春田創一(田中圭、35)を巡るおっさん同士の恋模様を描く「おっさんずラブ」の新シリーズ、「おっさんずラブ -in the sky-」(テレビ朝日系)の第3話が16日午後11時45分から放送される。

 前シリーズに続いてファンの期待が高い「おっさんずラブ」。第2話で春田は、“グレートキャプテン”こと、機長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎、60)から、「ぶっちゃけ、春田君のこと、好きになってもいいですかーーーーーー!?」と思いもよらない絶叫告白を受けてしまった。今後の展開が気になる衝撃的なシーンにネットも「春田に告白していよいよ武蔵の乙女心が発揮されるのかと楽しみ!」などと沸き立った。

 16日は「3rd flight ENDLESS RAIN」が放送される。

 「天空ピーチエアライン」新人CAの春田と広報部員・橘緋夏(佐津川愛美、31)が自宅でキスをしようとしたその時、ふすまを開けて入ってきたのは、春田に絶叫告白をした黒澤だった。ここで、緋夏と黒澤が“親子関係”にあることが発覚。衝撃を受ける春田だが、それ以上に黒澤は「愛する娘と、愛する春田は、恋仲なのか!?」という信じがたい事態に慟哭する。

 そんな中、新路線就航便での機内アナウンスという大役を担うことになった春田。ひとり屋上で練習をしていると、またも副操縦士の成瀬竜(千葉雄大、30)が若い女性と言い争う姿を目撃してしまう。社員寮に帰り、春田はおせっかいにも成瀬に説教しようと近寄るが、成瀬は「ウザい」と冷たく言い放つだけだった。

 後日、整備士の四宮要(戸次重幸、45)は、卒業生が母校の後輩たちに仕事について授業をするという広報部からの企画依頼を受ける。四宮はアシスタントを務めることになった春田と共に20年以上ぶりに母校を訪問。授業が終わり、四宮とはぐれてしまった春田が校舎を彷徨っていると、遠くでピアノの音色が響いた。

 そっと音楽室の扉を開けた春田は、ピアノを奏でる四宮を発見。「俺も弾きたい~!」と、無邪気にピアノで遊び始める。そんな春田を四宮は優しく見つめた。

 いよいよ迎えた新路線就航の日。しかし、春田はオフィスで偶然、成瀬が隠していた“ある秘密”を知ってしまう。降り出した雨の中を駆け出し、雨に打たれて立ち尽くす成瀬の姿を発見した春田は、ずぶ濡れの成瀬を強く抱きしめる…。

 注目の第3話。SNSではオンエアを前に“OL民”(おっさんずラブファン)たちが「絶対、ヤバいやつ…神回の予感…」「3話は神回の予感 春田にハグされた成瀬は何て言うのかな…。受け入れる?それとも突き放す…?ああ、ずっとこんなことばっか考えてる」「あぁぁぁぁぁどうなっちゃうの!?楽しみすぎるっ!!第3話、早く観たーい!!」などと盛り上がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ