松本人志、不祥事続きの吉本に愛のツッコミ「処置が逆、逆ばかり」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(56)が10日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。不祥事続きの所属事務所、吉本興業に愛を込めて苦言を呈した。

 番組冒頭、税務申告漏れなどで活動休止したチュートリアルの徳井義実(44)やツイッターへの京都市のPR投稿で物議をかもした兄弟お笑いコンビ、ミキについて特集。

 徳井に関して松本は、先立っての闇営業問題も含め、あくまで当事者の芸人が悪いと強調する一方、「会社の処置がダラダラしとって、逆、逆ばかりいってしまい、すごく歯がゆくて、もどかしい」と苦渋の表情。

 「いきなり『降板なし』とか言うじゃないですか? それって芸人もかばえてないし、会社も得してない。後手後手」と駄目だしした。

 また、ミキについて吉本興業は「ステマにはあたらない」との見解を発表したが、「ミキには何の責任もないと言ってあげてほしい。そうすれば芸人は『悪い会社じゃない。頑張ろう』となる。そこが吉本はできてない」とバッサリ。

 しかし、番組終了間際には「一つだけ、吉本を褒めるとすれば、大きい会社で、それなりに力もあるけど、(所属芸人に)変なニュースがあっても抑えない。意外と『こんなニュース扱うな』とやる事務所もありますからね。吉本、そこだけは器用さがあるのかな。コメンテーターにボロクソに言われる、所属芸人からボロクソ言われる事務所があってもいいのかな」とフォローした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ