貫地谷しほり「夕陽のあと」舞台あいさつ

 女優、貫地谷しほり(33)が9日、東京・新宿シネマカリテで行われた主演映画「夕陽のあと」(越川道夫監督)の舞台あいさつに、共演の山田真歩(38)とともに登壇した。

 DVや乳児遺棄、不妊治療や養子縁組制度などのさまざまな問題と向き合い、母親になろうとする2人の女性を中心に描いた温かな人間ドラマ。子供を見捨てながらも、再び母親になろうとする茜役を演じた貫地谷は「失敗した人間が再起を懸けるのが難しい世の中。もしかしたら『隣にこういう人がいるかもしれない』という思いを感じていただいたら、違った景色が見えるかもしれない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ