AKBが殺し合い!?舞台「仁義なき戦い」9日開幕、指詰めシーンも

 AKB48グループが8日、福岡市の博多座で特別公演「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」(9~24日)の公開ゲネプロを行った。同名の名作任侠映画を舞台化し、男役に扮したメンバーがドスを利かせたせりふ回しで指を詰めるなどのバイオレンスシーンを熱演。映画版で俳優、故菅原文太さんが演じた主人公に扮するAKB48の横山由依(26)は「見逃した人が悔しいと思える作品にしたい」と熱演を誓った。

 指詰め、切腹、銃撃戦-。邦画史に残る任侠映画の名シーンの数々を、現役アイドルたちが捨て身の演技で体現した。

 博多座開場20周年記念特別公演と銘打ち、文太さん、故松方弘樹さんらが出演した1973年公開の「仁義なき戦い」を舞台化。横山とAKB兼STU48の岡田奈々(22)がW主演し、この日、公開されたのは横山バージョンだ。

 「わし、指詰めますけん!」。文太さんが演じた主人公に扮した横山は衝撃のせりふを発し、右手に包丁を持って左小指を切る指詰めシーンに挑戦。そして、大股でたばこを吹かし、取っ組み合いのけんかをし、銃をぶっ放す。映画版で梅宮辰夫(81)が演じた主人公の兄貴分役の総監督、向井地美音(21)は日本刀を振り回し、獄中で切腹する-。

 舞台音楽も映画のテーマ曲が使われ、男役になったメンバーがアイドルスマイルを封印し、ドスの利いたせりふ回しや大立ち回りで圧倒した。

 AKBグループは今年、恒例の選抜総選挙を実施せず、由緒ある博多座の舞台が国内姉妹グループが一堂に会する大きな挑戦。約1カ月間、全体稽古を重ねてきた向井地は「総選挙やじゃんけん大会がなく、いつもと違う年になったけど、久しぶりに全グループが集まって1つになれる機会」と気を引き締め、NMB48の山本彩加(17)は「AKBグループはまだまだ。グループが集まったところのすごさを見せたい」と結束力をアピールした。

 メンバーはこれまでドラマでヤンキー高校生、キャバクラ嬢、女子プロレスラーなどを演じて話題を集めた。絶えず人気者が入れ替わるアイドル界の“仁義なき戦い”を制するべく、異例の作品を成功させる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ