ジャニーズのグループで初 「嵐」がSNS解禁 来年5月、東京・新国立競技場でコンサート

 来年末で活動を休止することを発表している人気アイドルグループ「嵐」が3日、東京都内で今後の活動に関する会見を開き、デビュー20周年の節目にSNS(会員制交流サイト)での情報発信を解禁すると発表した。デジタルメディアへの発信を規制してきたジャニーズ事務所に所属するグループでは初の試みという。メンバーの松本潤さん(36)は「ファンとの距離を縮め、リアルタイムでしか味わうことのできないスピード感を届けていきたい」と話した。

 解禁されたSNSは、Twitter▽Facebook▽Instagram▽TikTok▽Weibo-の5つ。今回のSNS開設に伴い、3日午後7時から、ネットでの音楽配信も対象を広げるとしている。

 ジャニーズ事務所はこれまで、肖像権保護を目的として、所属アイドルらの画像や映像のインターネット掲載を厳しく規制してきた。

 一方、スマートフォンの普及にともない、昨年1月末からインターネット情報発信を徐々に解禁。「嵐」は先月9日から動画投稿サイト「YouTube」に公式チャンネルを開設し、登録者はすでに190万人を超えている。

 ジャニーズ事務所に所属するグループでは初の試みに、リーダーの大野智さん(38)が「これからの1年間は皆さんとともに新たなチャレンジだと思う」と意気込むと、メンバーの相葉雅紀さん(36)は「やったことがないので今、SNSを一生懸命勉強しています」と話した。

 また、この日の会見では、国内外でのコンサート開催決定なども発表された。来年5月には、東京・新国立競技場でコンサートを開く。

 「嵐」は7月に亡くなったジャニー喜多川さんが「世界中に嵐を巻き起こす」との意味を込めて命名し、平成11年9月に結成された。同年11月に「A・RA・SHI」でCDデビューして以来、テレビや映画、舞台など幅広い分野で活躍し、国民的人気を誇ってきたが、令和2年末をもって活動休止を発表している。

 今月9日に天皇陛下のご即位をお祝いして開催される「国民祭典」では、奉祝曲を披露することが予定されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ