いよいよ「おっさんずラブ-in the sky-」放送スタート! 待ちきれないファン続出「仕事にならない」「期待しかない」

 モテないポンコツサラリーマン、“はるたん”こと春田創一(田中圭、35)を巡るおっさん同士の恋模様を描き、社会現象となった「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)。その新シリーズで、航空業界を舞台にした「おっさんずラブ-in the sky-」(同局)が2日、いよいよスタートする。ネットでは、放送を待ちきれない多くのファンが「まもなく!」「本当に楽しみ」などと大盛り上がり。“離陸”に向けた準備は万全のようで、放送前から前のめりになるファンが続出している。

 今作で田中は「天空ピーチエアライン」客室乗務員、春田創一を演じる。35歳にして突然リストラ、縁あって空の仕事に転職することになったピカピカの新人男性CAだ。現在独身で、女性にはまったくモテない。

 一方、吉田鋼太郎(60)が演じる黒澤武蔵は「天空ピーチエアライン」で機長を務めるパイロット。“グレートキャプテン”と呼ばれるほど、操縦技術・人柄ともに優れた人物で、新人CAから整備士まで、みんなを気遣う優しい心の持ち主としてリスペクトされている。“チームの絆”を重んじ、初日から遅刻してきた春田をフライトから外すなど、後輩への指導にも余念がない。そんな黒澤が、いつも全力で仕事に励む春田とフライトを重ねるうち、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり、恋をしてしまう…という“ラブストーリー”だ。

 そこに、孤高の副操縦士、成瀬竜(千葉雄大、30)と、職人肌の航空整備士、四宮要(戸次重幸、45)も巻き込み、ラブバトルは思わぬ展開に。今作も「人を好きになるとはどういうことなのか?」というテーマを視聴者に投げかけていく。

 SNSには「本当に楽しみで、そわそわしてて、はるたんと部長(いや、機長w)に会えるのが本当に楽しみ」「そわそわしすぎて、仕事にならない!!」「新人CA春田にもうすぐ会えるかと思うと、ドキがムネムネだよ」「今度の春田はどんな愛され方をするのか…今度の武蔵はどんなアプローチをするのか…期待しかないのでほんと楽しみ♪」といったファンのコメントがズラリ。前作同様、ネットは大盛況だ。注目の新キャストも話題で、ツイッターには「千葉くんと戸次さんにも期待です」「絶対、千葉くんと戸次さんも今よりもっと好きになる自信がある」などの声が集まっている。

 物語は、春田が35歳にして突然リストラされるところから始まる。途方に暮れていた春田は高校時代の後輩に救われ、航空会社「天空ピーチエアライン」に転職。ピカピカのアラフォー男性CAとして、女の園に放り込まれ、春田の新生活がスタートする。

そして迎えたCAデビューの当日、人助けをしたことでブリーフィングに遅刻した春田を待っていたのは、機長・黒澤の「このフライトから外れてもらう」という厳しい通告だった。

 落ち込んだのも束の間、春田の目に“とんでもないもの”が飛び込んでくる。それはロッカーからバサバサとあふれ出てきた、大量の紙に描かれた、あらゆる表情の春田のデッサンだった。「え、え、え、俺?これは何!?いやいやおかしいだろ!え、誰が!?」。平静を装いながら、絵心のある社員を探る春田は、なんとフライトを終えた黒澤とすれ違った際、床に落ちていたデッサン用のペンを見つけてしまう。

 その後、副操縦士の成瀬が女性と口論になっているところに、うっかり出くわした春田。「ほかに好きなヤツができた」というセリフとともに、成瀬から突然キスをされてしまう。

 社員寮に戻った春田は隣の部屋で暮らす整備士、四宮に波乱の1日を報告。すると四宮からも「俺もキスできるよ」と真顔で告げられてしまう。

物語は大地から空へ。果たして、春田のラブ・ファーストフライトの行方は…!?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ