山口真帆、“つながりの証拠写真”報道に反論「リクエストされたもの」

 昨年12月に暴行被害に遭った元NGT48の山口真帆(24)が30日、ツイッターを更新し、自身に関する一部の報道を否定した。

 山口は襲撃グループ主犯格男性(=不起訴)とのイベントでのツーショット写真を“ポーズが互いの部屋番号を表しており、関係性を示す証拠”として掲載されたことに「ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません」と反論。

 ファンからも同意見が相次ぎ、山口は反応。「いや、『俺も写真会でポーズ指定して2ショット撮ったから繋がりの証拠ww』ってイベントの写真送ってくるのやめてください。イライラしてたけど笑っちゃった。皆さんありがとう」と怒りを収めた。

 NGTを運営するAKSはサンケイスポーツの取材に「今回の記事には一切関与していない。弊社から写真を提供した事実はない」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ