松本人志、探偵!ナイトスクープの新局長に就任

 俳優、西田敏行(71)が局長降板を表明したABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」(金曜後11・17)の収録が25日、大阪市福島区の同局で行われ、新局長に同番組のファンを公言しているダウンタウンの松本人志(56)が就任することが発表された。

 同番組はスタジオを探偵事務所と設定し、視聴者からの悩みや疑問を探偵と呼ばれる出演者が調査するバラエティーで、1988年3月にスタート。西田は2001年1月に初代局長の上岡龍太郎さん(77)の後を受け2代目局長に就任。18日放送回で、11月22日放送回をもって番組から降板することを表明していた。

 松本は以前から同番組のファンを公言しており、16年5月には依頼者としてVTR出演するほどだった。大歓声で迎えられた松本は「この番組の大ファンなんで二つ返事で引き受けました。重圧がすごくて後悔しかない。なんとか局次長ぐらいで」と話した。11月29日放送回から局長に就任する。

 西田にとって最後の収録は初代秘書の岡部まり(59)、顧問としてキダ・タロー(88)が出演。西田は「おそらく最後の収録になると思いますが、普通に振る舞っていただかないと私がピコーンと来てしまう。泣いちゃいけないんですよ、この番組は」とあいさつして収録をスタートした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ