田口被告、小嶺被告ともに懲役6月執行猶予2年 大麻取締法違反で東京地裁

 大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたアイドルグループ、KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と元女優、小嶺麗奈被告(39)の判決公判が21日、東京地裁で開かれ、それぞれ懲役6月、執行猶予2年(求刑はいずれも6月)の有罪判決が言い渡された。田口被告は「支えてくださる方々と一歩ずつ前に進んでいけたら」と更生を誓った。

 検察側は当初7月30日の予定だった判決公判の延期を請求したことについて、関東信越厚生局麻薬取締部が両被告の自宅を捜索した際の動画をマスコミに提供したことから、その手続きの適法性や押収物の証拠能力などを吟味する必要があったと説明。小嶺被告の弁護人は、捜索映像の提供は国家公務員法の守秘義務に違反するとして、同部の担当課長ら2人に対する告発状を東京地検特捜部に提出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ