杉咲花、ゴッホの名画に囲まれながら好物のしゃぶしゃぶをアピール?

 女優、杉咲花(22)が10日、東京・上野の森美術館で行われた「ゴッホ展」(産経新聞社、BS日テレなど主催、11日から来年1月13日まで)の内覧会に出席した。

 鮮やかな色彩と力強い筆触で数々の名画を残したオランダ出身の巨匠、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)。同展では、ゴッホの日本初公開を含む貴重な絵画約40点に加え、アントン・マウフェ(38~88年)やクロード・モネ(40~1926年)らゴッホに影響を与えたハーグ派と印象派の約30点を展示している。

 この日、ゴッホの作品を初めて生鑑賞した杉咲は「たたみかけるように美しくて、どんどん圧倒されました。ずっと昔に描かれた絵画が目の前に存在するというのも不思議な感じ」としみじみ。

 同展では音声ガイドに初挑戦し、「みなさんには絵に集中してほしいので、スムーズに聞いていただけるように気をつけました」と説明。「読む(原稿の)分量が多かったですが、とても勉強になりました」と振り返っていた。

 2日に22歳の誕生日を迎えた杉咲。この日はサプライズでお気に入りの作品「麦畑とポピー」の複製画をプレゼントされると、「赤の色使いが良いんですよ」と大喜び。

 ゴッホが色彩にこだわったことにちなみ、自身のこだわりについては「ご飯の時間です」とキッパリ。「1日3回しか食べれないので、おいしいものを食べたい。絶対、大事にしたいです」と力説した。好物は「しゃぶしゃぶです」と恥ずかしそうに明かし、「今日の夜、食べに行くんですよ。楽しみです」と赤面。「糸杉」などの名画を前に、こだわりの“しゃぶしゃぶ愛”をアピールして場を和ませた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ