タッキー副社長「ジャニーさんの集大成に」、キンプリ平野は重圧も

 人気グループ、King&Princeの平野紫耀(22)、永瀬廉(20)、高橋海人(20)らが8日、東京都内で行われた舞台「ジャニーズ・アイランド」(東京・帝国劇場で12月8日~来年1月27日)の製作発表に出席した。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川前社長(享年87)が手がけた代表作の一つで、7月の死去後、初の上演。高橋は「ジャニーさんから学んだパフォーマンスを精いっぱい発揮したい」と約束した。

 前身舞台「ジャニーズ・ワールド」が2012年に初演されてから7年。ジャニーさんの作・構成・演出で、平和や子供たちの幸せを願うエンターテインメント作品として毎年上演される名作を、メインキャストを務めるキンプリの3人を中心にジャニーズの若手が継承する。

 最新作「ジャニーズ・アイランド」の演出サポートを務めるジャニーズアイランド社長でジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明氏(37)は、この日、サンケイスポーツなどの取材に対応。ジャニーさんの死去後初の上演となる今回は「ジャニーさんの思いが詰まった、根っこの部分に戻る」をテーマに、初演をベースに構成すると告白した。

 1~12月の1年を通じて地球上で争いや災害などの悲劇が続いたことを嘆く若者たちが、幸せにあふれる“13月”を求めて宇宙に旅立つ壮大な物語。滝沢氏は「ジャニーさんの集大成のつもりで、今までのジャニーズ・アイランドの良い部分も取り入れたい」と気合十分だ。

 キンプリといえば、ジャニーさんがCDデビュー(昨年5月)を見届けた最後のグループ。3人は16~17年の「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」から前作(昨年12~1月上演)まで4作連続で出演している。

 キンプリの平野は初演に出演した経験のある滝沢氏の思いにも応えるべく「初演はジャニーさんのメッセージ性が一番強いと思うし、プレッシャーもありますが、その中で僕たちらしさを出せるかが勝負どころ」とキッパリ。永瀬は「2020年は五輪イヤーなので、日本を訪れる外国の方にも届くパフォーマンスをしたい」と力を込めた。

 製作発表にはジャニーズJr.のHiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍の豪華共演陣も出席。HiHiの高橋優斗(19)は「これからは僕ら若手が頑張って、ジャニーさんを知らない世代にも舞台の素晴らしさを伝えたい」と開幕を心待ちにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ