滝沢氏、ジャニーズ事務所副社長に就任! 新体制にネット「ティファニーじゃなくて…」

 ジャニーズ事務所の新体制が27日、同事務所の公式サイトで発表された。今年7月に亡くなったジャニー喜多川氏(享年87)の姪、藤島ジュリー景子副社長が社長に就任。昨年芸能活動を引退し、新会社「ジャニーズアイランド」の社長となった滝沢秀明氏が副社長に就く。ジャニー氏の姉で副社長だったメリー喜多川氏は会長に就任。この新体制はネットでも大きな話題となり、特に副社長に“抜擢”された滝沢氏に期待する声が殺到した。

 SNSには「ジャニーさんの遺志を受け継いだ新ジャニーズに期待してます!」「これからのジャニーズの進化が楽しみ」「タッキー副社長頑張れ~」「ジャニーズ事務所を任したよ。頑張って」など、滝沢氏へのエールが多数。今回の人事に「ちゃんとデビュー組の気持ちもJr.の気持ちもわかってくれてるタッキーなら…ってかんじ」と理解を示すもののほか、「ジャニーさんが作ってきたファミリー感やいい所は受け継いで、直さないといけないことは、いい方向に変わっていくことを願うしかない」など、滝沢氏の手腕に期待を込める書き込みも見られた。

 また滝沢氏はタレント時代に主演したドラマ「せいせいするほど、愛してる」(2016年、TBS系)の劇中で「ティファニージャパン」の副社長役を演じており、当時を思い出したユーザーからは「ティファニーじゃなくジャニーズの副社長に!!!」という喜びの言葉も寄せられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ