杏、3点総額450万円相当の装飾品を身につけ登場

 女優、杏(33)がダイヤモンドのような永遠の輝きを放つ女性に贈られる「2019年フォーエバーマーク賞」を受賞し、23日、東京・虎ノ門のアンダーズ東京で行われた授賞式に出席した。

 受賞記念に贈呈された1・08カラットのスクエアダイヤモンドが光り輝くペンダント「Tight Knot」(300万円相当)と、イヤリング、指輪の3点総額450万円相当の装飾品を身につけ登場。「土の中で眠っていたり、押し固められたりしていた輝きが、再び空気にふれてよみがえる。タイムマシンのような悠久の時を超えて自分の手元にあるなんて」とロマンチックに表現した。

 続けて「重厚感があって肌になじむ。女性として年を重ねるにあたり、30代になって、やっと(ダイヤモンドを身につける)スタートラインに立てた。(ダイヤが)より身近な存在になったので、似合う女性になりたい」とも語った。

 また、同ペンダントには結び目のモチーフをダイヤモンドがしっかりとつなぎとめる「家族との永遠の絆」というテーマがあり、杏は2015年に結婚した俳優、東出昌大(31)との間に1男2女をもうけている。「家族は支えたいと思う存在。女の子は双子なので、もう一つ必要。同じものを2つプレゼントできるように、これからも仕事を頑張っていきたい」と誓った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ