NGT48暴行事件 損賠訴訟でファン側が山口真帆との私的つながり主張

 新潟を拠点に活動するNGT48の元メンバー、山口真帆(24)に対する暴行事件を巡り、運営会社「AKS」(東京)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判で、男性が山口と私的な“つながり”があったと主張していることが24日、分かった。

 男性側が新潟地裁に提出した準備書面によると、男性は2017年2、3月頃、NGTの握手会で「運営(AKS)を介さずにプレゼントを贈ったりしたいので、私的に会ってほしい」と話し、山口はこれを了承。新潟市内の自宅マンションや携帯番号を教えるなどしたと主張している。

 20日に進行協議が同地裁で開かれ、男性側は準備書面を提出。AKS側の弁護士は、書面の内容について「客観的証拠を出して立証してもらいたい」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ