TBS「クレイジージャーニー」 やらせで放送休止 事前に生物用意

 TBSは11日、紀行バラエティー番組「クレイジージャーニー」(水曜午後11時56分~)の爬虫(はちゅう)類ハンター企画で、ハンターが捕獲する珍しい生物を事前にスタッフが準備するやらせを繰り返していたと明らかにした。「不適切な演出」があったとして謝罪し、調査が完了するまで番組を休止する。

 同局によると、8月14日に放送された2時間スペシャルと同日深夜のレギュラー枠で、爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画を放送。この中で紹介した6種類の爬虫類のうち4種類は実際に発見できず、事前に準備していた個体を使って撮影していたという。

 メキシコでのロケは7月2日から5日まで行われ、狙った生物が発見できない場合に備え、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼して準備した。出演していた生態研究者の加藤英明氏には、事前に準備したものであることは伝えていなかったという。

 また、爬虫類ハンター企画で同様の手法がなかったか調査したところ、過去10回の放送で捕獲した生物のうち11種類が事前に準備されていたことも判明した。TBSは「今回の事態を重く受け止め、視聴者の皆さまに重ねてお詫び申し上げます」としている。

 TBSは今月5日にもバラエティー「消えた天才」(日曜後8時)で過剰な演出があったとして放送を休止している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ