多部未華子、エンタメ業界を目指す学生にエール

 俳優、三浦春馬(29)が11日、東京・新宿区の東放学園映画専門学校で行われた映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会に、共演の女優、多部未華子(30)、矢本悠馬(29)とともに出席した。

 エンタメ業界を目指す学生が集まった会場。学生から「来年から照明の仕事をするが、不安でしようがない」という悩み相談を受けた三浦は、「怒られながらも『はい。すいませんでした。いますぐやります』というだけで現場の雰囲気がよくなる。返事は大事。それだけで僕らの士気も上がってくる」と答えた。

 多部も「現場で大変じゃない人はいない。嫌なことをまず考えないこと。時間が自然に過ぎることを待つこと。自分の心が楽になるように逃げてみること。目の前にあることを頑張っていればいつかは終わる」とエールを送った。

 累計約56万部を売り上げている小説家、伊坂幸太郎(48)の恋愛小説集を映画化した作品。ドラマチックな出会いを待つだけの男・佐藤(三浦)と、佐藤と運命的な出会いをする本間(多部)の不器用な恋愛もようを描いていく。

 9月20日(金)に全国で公開される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ