草なぎ剛が涙 ジャニーさん偲ぶ 主演映画「台風家族」舞台挨拶で

 俳優、草なぎ剛(45)が4日、大阪市内で行われた主演映画「台風家族」(市井昌秀監督、6日公開)の先行上映会に登壇し、古巣であるジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんを涙で偲んだ。

 舞台あいさつの最後に観客へメッセージを話す際、「映画とは関係ないんですけど」と切り出すと、「東京の方でジャニーさんのお別れ会があります。こうやってたくさんのお客さんの前に立てているのはジャニーさんのおかげだと思ってます。それぞれの場所からジャニーさんへの感謝の気持ちを忘れずに。たくさんのことを学んだので、これからもジャニーさんからの教えを胸に抱いて、エンタテインメントの世界を歩んでいきたいと思います。安らかにお眠りください」とやわらかな表情で話した。

 しかし、「映画の方もめちゃくちゃエンターテインメントになってますので」と作品の話に戻そうとしたところで、「ひとつ、あの…(劇中に)ダンスを踊るとこがあるんですけど、打ち合わせで監督がそれを考えてきてって言って…」と話すうち、瞳から涙がこぼれそうに。

 客席から「がんばって!」と励ましの声がかかると、「別にあれですよ」と強がり、「(監督から)何度も(考えてと)言われたんですけど(ジャニーさんの)『YOU、やっちゃいなよ』精神で、その場で考えて踊ってます」と告白。そのうえで「なので気持ちを強く持って、これからもエンタテインメントの世界でがんばってやっていきたいと思います」と誓った。

 監督から改めてダンスを褒められると、「ちょっと言い訳かもしれないですけど。面倒くさかったってのもあるんですけどね、考えるのが」としつつ、「でも、小さいときからステージに出されてがんばってきてる僕だし、僕らなので、監督の要求には応えられるかなって。見てやってください」と訴えた。

 映画は、遺産目当てで両親の葬儀に集まった4人兄弟の愛憎喜劇。強制性交罪に問われ逮捕・起訴された俳優、新井浩文被告(40)が次男を演じており、公開を見合わせていたが、再編集することなく3週間限定で公開が決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ