「24時間テレビ」駅伝4人目は総合司会の水卜アナ!羽鳥「痩せ方が違う。絶対そうだと思ってた」

 日本テレビ系「24時間テレビ42 人と人~ともに新たな時代へ~」(25日後8・54まで)が24日午後6時半にスタート。当日発表だった4人目のチャリティーランナーは、同局の水卜麻美アナウンサー(32)だった。

 今年のチャリティーマラソンは番組史上初の駅伝形式。番組総合司会でありながらランナーとなった水卜アナとタレント、いとうあさこ(49)がフルマラソンの42・195キロ、お笑いコンビのガンバレルーヤ・よしこ(28)、ハリセンボン・近藤春菜(36)が32・195キロを走る。1走・近藤、2走・よしこ、3走・水卜アナ、アンカー・いとうとたすきをつないでゴールの東京・両国国技館を目指す。

 4人目の走者として名乗り出た水卜アナは「やっと言えた」と笑顔。スタジオからは驚きの声が上がっていたが、ともに総合司会を務めるフリーアナウンサー、羽鳥慎一(48)は「いつもと痩せ方が違うんだもん。どうすんの? 1人にしないでよ! 絶対そうだと思ってたもん」と苦笑いを浮かべた。

 かつて東京マラソンに出場し、5時間24分14秒で完走した経験もある水卜アナだが、総合司会でありながらフルマラソンを走る過酷な挑戦となる。挑戦を決めた理由については「24時間テレビの総合司会として、日本テレビの一員として、この新しい時代までみなさんに支えていただいてやってこられたことに、感謝をしたい、ありがとうって言いたいって思って。それが走ることで伝えられるかはわからないですけど、ちょっとでも伝わればいいなと思って、やりたいって思いました」と明かした。

 近藤、水卜アナと同局系「スッキリ」(月~金曜前8・0)で共演するお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)がスターターとして登場。近藤は午後8時半ころ、加藤らのエールを受けて出発した。

 前年はANZEN漫才のみやぞん(34)が番組史上初のトライアスロン形式で161・95キロ(バイクで400メートルオーバーラン)を完走した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ