NMB1期生川上礼奈が卒業発表「次の目標に進もうと思う」

 NMB48の川上礼奈(23)が23日、大阪・なんばのNMB48劇場で行われた「冠ライブ『まだまだ煮込む!?のびる前に召し上がれ!』」でグループ卒業を発表した。

 アンコールのMCで「きょうは、れなぴょんからみなさんにお知らせがあります」と切り出した川上。手紙を手に取り、自分の思いを朗読した。

 「私はNMB48に入って学んだことがあります。どんなことがあっても諦めない。悔しいと思った分だけ努力することです。時間はかかってしまったかもしれないけど、選抜総選挙で順位をいただけたり、ずっと夢に見ていたシングル選抜に選んでいただけたり、目標をかなえることができたとき、私は次の目標に進もうと思いました」

 川上は2010年10月にNMB1期生として活動開始。香川県出身で、特技はうどん作り。今後はNMB加入以前からの夢だったモデルやバラエティータレントとして活動していく。NMBは昨年11月に山本彩(26)が卒業し、残る1期生は吉田朱里(23)と白間美瑠(21)の2人となった。

 「時間はかかってしまうかもしれないけど、一人でも芸能界で必要とされる存在になりたいです。そしていつかNMB48メンバーと共演できる人になりたい」と誓った川上。10月5日に大阪城ホールで行われる「NMB48 9周年ライブ」には参加予定で、卒業公演はそれ以降となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ