トレンディエンジェル、闇の方が気合が入る!?

 お笑いコンビ、トレンディエンジェルが21日、大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われた「J:COM×USJ 協賛記念セレモニー」に出演した。

 J:COMが、米アニメ映画「SING/シング」のキャラクターが歌って踊るUSJの人気アトラクション「シング・オブ・ツアー」を開催中のイルミネーション・シアターに施設協力することを祝したイベント。

 ボケ担当の斎藤司(40)が同映画の日本語吹替え版でグンター役の声優を務めたことでゲストに呼ばれた2人。ショーのキャラクターたちとノリノリのパフォーマンスを披露して会場を沸かせた。

 すると、J:COMの井村公彦社長(61)から「闇営業は夜やるのかと思ったら、朝から」と突っこまれ、「会社を通してますから。闇じゃなくて“光”営業です」と斎藤がタジタジ。

 続けて井村社長に「闇営業の割には気合が入ってるんでビックリしました」と驚かれ、ツッコミのたかし(33)は「闇営業の方が気合が入るんです」と思わず本音(!?)をもらした。

 イベント終了後、「冗談の通じる、遊び心のある社長で楽しいな」と苦笑いの斎藤は、「SING/シング」の続編が2021年公開予定と聞かされて、「私は世界志向なので(グンターが)そのまま出てくれれば望みがある。来年の(東京)オリンピックより、そちらが楽しみ」と続投に色気タップリ。

 出演が決まれば、「ギャラも上がればいいな。もちろん(事務所と自分が)9対1ではなく」と昇給をもくろむが、「まだ誰もエージェント契約はしてない。誰かがやってくれれば。私は革命家になれない」と、吉本興業が導入した個人でギャラ交渉のできる専属エージェント契約には二の足を踏んでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ